世界の薄毛ランキング・・・気になる日本は?!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

薄毛の世界における日本の立ち位置とは・・・

MAX85_yacchimatta14095526

2009年に大手かつらメーカーのアデランスが98年から10年をかけ調査した「世界の成人男性薄毛率」による世界のランキングでは、国民における薄毛率(薄毛の方の割合)のTOP(WORST?)は以下の通りになりました。

1.チェコ   42.8%

2.スペイン  42.6%

3.ドイツ   41%

3つの国に共通していることは「普段の食生活」にありそうです。3つの国の食事に共通していることは、基本的に肉類が多く、その一方で、野菜や海産物などが少なめ。脂っこく味つけは塩からい味と、食事とともにたくさん飲まれるお酒の量・・・(※ちなみにチェコは世界一のビール消費量の国です)

そして、注目の?日本は世界では何位かといいますと、このランキングでは『14位』・・・でした。

世界と比べると低いような気もしますが、この順位はなんとアジア地域では堂々の?『1位』・・・

日本における薄毛人口は約1300万人とも言われており、薄毛率にすると、なんと26%(約5人に1人!)だとか。(ちなみに20位に韓国、21位に中国となっています)

トウガラシ消費量と薄毛率の関係性

SONY DSC

毛髪内科を開業する岡嶋博士が提唱する「IGF-1」(育毛物質インスリン様成長因子-1)は、「人の知覚神経を刺激し、その刺激によって血管が開き、血流を促進する」と言っています。そして、血流が促進されることによって、育毛も促進されることがわかりました。

同じ『東アジア』でありながら、日本と韓国・中国との差は何なのでしょうか。

これには様々なことが考えられますが、そのなかでも「IGF-1」の量の差、もあるのではないか、と岡嶋博士は見ています。

韓国の食事はもちろん、中国の食事も、トウガラシやニンニク、花山椒(ホワジャオ)など、とてもたくさんの香辛料を使っています。岡嶋博士によれば、「体の知覚神経を刺激するには、トウガラシに含まれているカプサイシンが一番効果的だった」と、まとめています。

a1180_016547_m

ちなみにですが、トウガラシをよくとる食事といって思い浮かぶ韓国。

韓国の消費量は平均1人当り1日5~7gだそうです。年間で計算すると年間21万トン前後になります。一方の日本の年間消費量はおよそ6,000トンといわれていますから、単純に35倍も違うということが分かりました。

また、中国では、同じく体の知覚神経を刺激するといわれる、大豆に含まれる「イソフラボン」が豊富な食生活を行っているからでもあるでしょう。事実、中国は大豆の世界的な輸出国であり、豆腐や味噌など日本に伝えた国で、麻婆豆腐でもオナジミですが、実はトウガラシもたくさん食べている国です。(※中国産のトウガラシもよく入ってきています)辛い料理で有名な四川では、生のトウガラシを早食いするコンテストも毎年行われているとか。

さらには、ウーロン茶やプーアル茶などに代表される中国茶も、育毛には良い影響があるのではないか・・・と、考えられています。

そして、残念ながらアジア地区で堂々の(?)1位になってしまった日本。

理由としては、上記のように元々昔から、ワサビやショウガなど一部を除き、香辛料をとる習慣があまりなかったことに加え、食事の欧米化が原因の一つと考えられます。

また、最近の食事の傾向として野菜や海産物少なく、肉食に加え脂っこく塩からい食品がメイン。おまけにジャンクフードやインスタント食品などを食べている生活が、この順位につながった可能性が・・・。

a1180_010585_m

ただ、悲観する必要はありません。普段からのホンの少しの食事の工夫。昔ながらの和食・・・野菜や海草、魚介類をたくさん食べ、そしてお茶(日本茶)を飲む。こうした食生活の改善で、薄毛の改善につながる可能性は十分あります。

育毛のための食生活は『毛髪先進国』に学べ?!

lgf01a201402190200

それでは、逆に『薄毛が少ない』と、されている国はどこでしょうか。

一説には「インド」と言われています。

よくテレビのドキュメンタリーや旅番組などでインドが登場することがありますが、言われてみると確かに『薄毛の人は少ない』ようなイメージはありますね。

その理由も、やはり食生活にあるといいます。

インドといえばカレー。スパイスをたっぷりと使ったカレーは、スパイスの辛さで知覚神経を刺激し、「IGF-1」の増進を促し、育毛という視点で見ると、とても優れた食事だとか。

f3a9f84c27a89a02cecb321a5f80fb3b_m

カレーに使うスパイスのほとんどは、漢方薬としても使われているもの。

したがって普段の食事がすでに『薬膳料理』であるといえます。また、カレーの具として豆や野菜などバランスよく食べられること、カレーに入れたり、デザートなどでヨーグルトなど乳製品をよく食べている点も見逃せません。

やはり、薄毛と食生活との密接な関係は否定できないようです。

hena

ちなみに・・・インドでは古来の民間医学である「アーユルヴェーダ」や、髪や頭皮を健康に保つ天然のトリートメント「ヘナ(ヘンナ)」などなど、紀元前からの歴史を誇る『頭髪先進国』の側面もあります。

そんなとっても気になる髪の毛。育毛に関わっているという成長ホルモン「IGF-1」に着目した『QEPPER(ケッパー)』サプリ&ローション、オススメです。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+