セカンドオピニオンを活用することも育毛のため?!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

育毛にも「第二」の意見を取り入れよう?!

E146_hontouniarigatougozaimashita-thumb-1000xauto-15070

「セカンドオピニオン」という言葉あります。カンタンに言うと、今かかっている医師(主治医)以外の医師に求める第2の意見ということですね。

医学の発達によって、高度な医療技術を使った先進医療で「昔だったら絶対に助かっていなかった」というような病気やケガなど治療できるようになった反面、とても高額な医療費や、それを行うお医者さんの判断次第では即、命にかかわるような事態になったりと、とても大きなことになっています。

そんななかで、一人のお医者さんの意見だけでなく、色々なお医者さんの意見も聞いて、トータルに判断して決める、ということですね。

この考え方が広がってきた背景には、お医者さんによるインフォームド・コンセント(説明と同意)を受け、自分も治療の決定に関わる医療に変わってきたということに加え、新しい治療法が次々に生まれている中で、一人のお医者さんに任せるのにも限界がある・・・ということです。

また、お医者さんや医療機関によって、その患者さんに提供すべきだと考える治療は同じとは限りません。お医者さんや病院によって、提供できる医療内容に限界がある場合もあるから余計にやっかいです。

育毛のことを考えて薬も選ぶ時代に?!

cb8b25ea1612d128e06186a487ca2c65_s※画像はイメージ

成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による独自の育毛理論を提唱する岡嶋研二博士によると、そうした傾向を受けて、育毛のためにも、セカンドオピニオン選びがより重要になってくる、と見ています。

長く飲み続ける処方薬で、当然副作用などもキチンと考慮された上で処方されているはずですが、効き目の強い薬の中には、育毛に深く関わっているという成長ホルモンである「IGF-1」を減らしてしまう可能性のあるものも存在するといいます。

もちろん、お医者さんがその患者さんに対して長く継続して服用しなければならないと判断して、処方されるお薬ですから、お医者さんの指示通りに飲まなければなりません。

より気をつけて、慎重に判断する時代へ・・・

a0cba1fe944de0f3c26cea05759a89aa_s

ただし、お薬を長期間に渡って服用する場合は、薬に対してはお医者さんによっても考え方が違うケースも多いので、育毛のこと・・・「IGF-1」を減らさないお薬(痛み止めなど”強い”薬)や、「IGF-1」を増やすためのこと(こちらでもご紹介していること)が、逆に薬の効果をジャマしないか、その点もじっくりと色々な方にご相談して判断するのが良いでしょう、と岡嶋博士はいいます。

その点でも、しっかりと相談できるお医者さんに、何かあった際に頼れる『セカンドオピニオン』が、体のためにも、引いては育毛のためにも、より重要になってくることでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+