薄毛に悩むのは男性だけではない!女性の薄毛事情

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

女性にとっても他人事でない薄毛事情

a0001_017416_m

薄毛に悩む方は、なにも男性ばかりではありません。

最近は女性の薄毛の方も増えてきました。かつて女性は薄毛とは無関係で、髪の悩みといえばもっぱら枝毛や切れ毛、髪のパサつき、まとまらない、など、普段のケアで、割と何とかなるようなものが多かったといいます。

しかし、最近では薄毛で悩む女性は、およそ600万人ほどと推定され、1000万人に迫る勢いで増えている、という専門家もいるほど。

日本の人口における女性の人数は約6400万人といいますので、女性のおよそ10人に1人が薄毛・脱毛に悩んでいるということになるでしょう。また、中高年女性に絞れば、もっとその割合は多くなるのではないでしょうか。

特に目立ってしまう30~40代の女性

N112_kaowoooujyosei-thumb-1000xauto-14449

女性の中でも、30~40代女性の薄毛が目立つ傾向にあるそうです。仕事や家庭のストレスのせいか、抜け毛の影響で髪のボリュームが無くなってしまい、ペッタンコになってしまう女性が多いとか。

そして、髪の毛のボリュームが無くなくなってしまうと、どうしても実年齢よりも老けて見られがちです。

30~40代といえば、まだまだ若くバリバリと活動出来る時期ですから、お仕事で人とたくさん会ったり、子育てなどで近所の方々と接する機会の多い方でしたら、その”ギャップ”に余計に苦しまれるのではないでしょうか。

最近は女性用のウイッグ(カツラ)のCMなどもテレビでたくさん流れていますが、そうして隠すということもなかなか大変なことでしょう。また、”臭いものに蓋”・・・ではありませんが、隠すだけではどうしても限界があります。

「薄毛は部分的なものではなく、全身的な生命力の低下を示すものであり、健康のためにも生活を見直して根本的な改善を目指すべきです」

・・・そう語るのは毛髪内科を開業している岡嶋博士。

そんな薄毛事情を改善する可能性がある「IGF-1」

pixta_13678683_M

育毛に深く影響を与えるという成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)は、そうした女性の薄毛、脱毛にも力になるのではないか、と岡嶋博士は見ています。

こちらで数々ご紹介させていただいた通り、食生活に睡眠、適度な運動、リラックス・・・などなど、規則正しくバランスのとれた生活が、育毛のベースとなります。

そのカギをにぎるのが「IGF-1」。実際に岡嶋博士らが行ったモニター試験では、31名中20名に「明らかな発毛が認められた」といいます。また、それと同時に、肌のシワやたるみなどの改善も見られ、エイジングケアにも有効ではないかとまとめています。

2258f235dbff6785f7ba92ba35d6dbfe_m

40d44b0bfa953bdba84439ec84df90ab_s

それも、唐辛子のカプサイシンと、大豆製品のイソフラボンの二つのパワーで毛根にある「IGF-1」を効率的に増やし、毛母細胞の増殖を促進するという良い流れ、サイクルを築くことが大事だといいます。

また、岡嶋博士はこれによって「髪の毛が抜けるのを何とか防ぐ”守りの育毛”ではなく、もともと体に備わっているIGF-1で毛乳頭細胞や毛母細胞を再び活発化させ、本当の育毛を促す”攻めの育毛”につながる」と、その可能性を示しています。

もし、ご自身だけでなく、奥様や大事な方が薄毛でお悩みでしたら、「IGF-1」を増やす生活を一緒にはじめてみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+