世界で一番トウガラシを食べている国、日本で一番トウガラシを出荷している所

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

言うまでもないトウガラシと育毛の関係性

a0002_001131_m

辛い物を食べると舌がヒリヒリしたり、熱くなったりします。辛みは正確には味覚とは違い、痛覚・・・痛みと同じで、辛い物の刺激によって、舌が痛みを感じることで、“辛い”と認識するようです。

トウガラシに含まれる辛み成分「カプサイシン」。辛い物の代名詞的な存在で、成長ホルモンである「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)を増やすにも、その辛み成分による刺激が大いに有効である、というのは岡嶋研二博士。

そんなトウガラシですが、世界で一番消費しているのは、いったいどこの国なのでしょうか。

世界一トウガラシを消費しているのはあの国だった?!

02e8d2593528bef4fff3bff99433885f_s※サラエヴォの街並み

あくまでも2007年での調査結果ではありますが、旧ユーゴスラビアである「ボスニア・ヘルツェゴビナ 」。これは意外です。

日本では、かつてJリーグのジェフ市原(当時)や、日本代表の監督をつとめられたイビチャ・オシムさんがボスニア・ヘルツェゴビナの出身です。

インドやタイ、韓国など、日本でも辛い料理というイメージのある国を押しのけての世界一は意外な感じです。ボスニア・ヘルツェゴビナの料理は、思いっきり激辛なのか・・・というとどうもそうではないようです。

理由としては「パプリカ」にあるようです。パプリカは品種改良して辛さをなくしたトウガラシですが、そのまま料理で使用したり、パプリカのスパイス(香辛料)としての消費量が大きく影響しているため、だそうです。

ちなみに、パプリカは、トウガラシの消費量でも世界の上位に来るハンガリーで品種改良されたトウガラシであり、ハンガリーとその周辺の東欧南部の消費量の多さはパプリカによるものと考えられています。

トウガラシ消費量上位の中心は、ヨーロッパではハンガリーとその周辺、アジアではインドから東南アジアにかけての地域、アメリカ大陸ではメキシコだそうです。アフリカではエチオピアで消費量が多いとか。

確かにヨーロッパはさておき、インドや東南アジア、メキシコは辛い料理のイメージですし、アメリカはデスソース(タバスコの何十倍、何百倍の辛さの調味料)の世界的な大国です。

日本で一番トウガラシを出荷しているところは・・・

9e8914f577171df9d218234123025351_s

それは意外や意外、東京都でした。これは本当に意外ですね~。

2010年の農水省のデータによれば、2010年のトウガラシ出荷量全体の約28%にあたる約79トンを、東京都が出荷しているそうです。あまり広い土地を必要としないこと、栽培が比較的カンタンということも、大きいのかも知れませんね。また、八丈島や小笠原諸島などで島唐辛子を育てているのもあるでしょう。

こうした唐辛子のパワーで、あなたもぜひ「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)を増やす生活をはじめてみませんか!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+