野菜の「機能性表示食品」第1号に「大豆もやし」~改めて注目の大豆イソフラボン!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

改めて注目されるイソフラボンの機能性

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_l

大手サプリメントメーカーや食品メーカーによって話題の「機能性表示食品」。メーカー側の責任において、消費者庁にその成分の科学的根拠が示されれば、ある程度の『効果・効能を製品に表示できる』というものです。(消費者庁が効果を保証するワケではありません)

そんな注目の機能性表示食品で、年中安定して供給できる生鮮野菜として、サラダコスモの「大豆イソフラボン子大豆もやし」が、日本で初めて野菜の「機能性表示食品」として発売されるそうです。機能性の成分は、名前の通り『大豆イソフラボン』になります。

czMjYXJ0aWNsZSMzNjMzOCMxNDg1OTEjMzYzMzhfVUJkakpJdnlpSy5qcGc

商品名:大豆イソフラボン子大豆もやし
機能性表示:届出日/2015年8月3日   届出番号/ A80
生産地:長野県駒ケ根市
発売開始日:2015年10月7日

サラダコスモ

商品パッケージに、「大豆イソフラボンの機能性」が表示可能に!

a0002_011301_m

この「大豆イソフラボン子大豆もやし」は、機能性関与成分として「骨を健康に保つ機能」がある「大豆イソフラボン」を含んでいるそうです。大豆イソフラボンは、大豆のもつ特徴的なフィトケミカル(植物が作る活性物質)で、その分子の形が、人の体で重要な働きをする女性ホルモンの形と似ているため、その代わりとなって体内で働くと言われています。

女性ホルモンの主な働きとしては、

1.骨を丈夫に保つ

2.髪の毛を豊かに保つ

3.脳の働きを活発にする

4.肌のつや、柔軟性を向上

5.自律神経を安定化

6.乳腺の発達を促進

7.内臓脂肪を付きにくくし、女性らしい体系を維持

8.コレステロールの正常化

9.子宮の働きを活発にする

・・・などの機能が、各メーカーさんや研究機関によって報告されていますが、今回の機能性表示としては“骨の健康維持”にスポットを当て、エビデンス(科学的根拠)を探し、消費者庁へ届出をしたといいます。

この商品が表示する機能性としては『骨吸収(損失)を抑える働きと、骨形成を促進する働きの両方の働き』だそうで、カルシウムなどを含む食べ物・・・乳製品やお魚などと一緒に食べることで、骨サポート食品としてお奨めできる食品として提供していくとか。

この「イソフラボンのはたらき」でなんといっても特に重要なのが

> 2.髪の毛を豊かに保つ

・・・これに尽きます。

pixta_13678683_M

イソフラボンとカプサイシンで育毛を目指す!

f9ff82fde17bfa49e353423972b43441_m※イメージ画像。上記の大豆もやしとは関係ありません

このもやしだけでなく、納豆やお豆腐、豆乳など、イソフラボンを摂ることは可能ですし、大豆製品が苦手な方でしたら、サプリメントで摂っても良いでしょう。

そして、いつもご紹介していますが、「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)育毛理論を提唱する岡嶋研二博士によれば、ここにトウガラシ(カプサイシン)を加えることで体の知覚神経が刺激され、「IGF-1」が増えることによって、さらに育毛のためになる食事になるといいます。

このもやしを使ったナムルや炒め物にトウガラシをパパッ、でも良いでしょうし、納豆やお豆腐にパパッとかけて食べるのも良いでしょう。“髪の毛を豊かに保つ”といわれるイソフラボンで、育毛生活を真剣に目指しませんか!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+