育毛にも影響?【若年層の目に関する意識調査】20〜30代の約半数が5年間で視力低下を実感!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「IGF-1」を増やすポリフェノールと目の健康について

育毛に深く関わるという成長ホルモンである「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)

岡嶋研二博士が提唱する育毛理論によれば、体の知覚神経を刺激することにより、「IGF-1」が体の中で増えていくといいます。そして、その「IGF-1」が育毛にとって、とても重要な物質だといいます。

体の知覚神経を刺激する成分としては、ポリフェノールというものがあります。

皆さまも目にしたことがあることでしょう。赤ワインだったり、チョコレートだったり、トクホのコーヒー飲料でもオナジミのクロロゲン酸だったり、そして、目の健康に役立つという「アントシアニン」もポリフェノールの一種です。

そうした健康成分を摂ることで、育毛のためになることも同時に行っていた、と岡嶋博士はいいます。

そんな私たちの体にとって、とっても大事な栄養素であるポリフェノールの一種、アントシアニン絡みでこんな気になるデータが発表されました。

なんと20〜30代の約半数が5年間で視力低下を実感!

クリエイティブサーベイは、10月10日「目の愛護デー」に合わせ、目に関する自主調査を実施。20~39歳の男女600名を対象にインターネットによる「若年層の目に関する意識調査」を実施したところ、5年前と比べて目が悪くなったと答えた人がなんと約半数(!)。

デジタル機器のうちパソコン利用で目に疲れを感じると答えた人が最も多く7割以上。スマートフォンは利用時間が1.2時間でも目に疲れを感じる人が多い傾向にあるとまとめました。

そして、そんな状況でありながら普段から目のケアを意識的に行っている人はたったの1割。普段ケアをしていないが、今後意識的に目のケアに取り組んでいきたい人は約7割と高い数値が見られたとしています。

○あなたの現在の視力は5年前と比べてどうなりましたか?(n=600)(表は%)

デジタル機器のうちパソコン、スマートフォン、フィーチャーフォン、タブレットの利用による目の疲労具合を聞いたところ、パソコンによる目の疲れを感じる人が最も多く、「よく感じる」が33.4%、「たまに感じる」が43.7%で合計77.1%という結果になりました。

2位はスマートフォンで「よく感じる」が29.2%、「たまに感じる」が45.2%で合計74.4%。また、スマートフォン利用者は1、2時間程度の利用が多いにも関わらず目に疲れを感じている人が多い傾向に。

○あなたは、次のデジタル機器を利用して目が疲れたと感じたことはありますか?

○仕事とプライベートを含めて、あなたは普段、次のデジタル機器を1日あたり平均してどの程度の時間使用していますか?

視力低下やデジタル機器利用による目の疲れを感じているにもかかわらず、目のケアを意識的に行っていると答えた人は全体の14.5%と少なく、全く目のケアを意識したことがないと答えた人は32.3%いることが分かりました。

○あなたは普段、意識的に目のケアを行っていますか?

目のケアに対して意識的に行っている人が少なく、また全く行っていない人が3割もいたのに対し、今後目のケアを行いたいと考えている人は「とてもそう思う」と答えた人が25.2%、「まぁまぁそう思う」と答えた人が40.3%と7割近くいることが分かりました。

この結果から、普段は特に気にしていないが、目のケアをしなければならないと潜在的に感じている人が多いことが分かります。

○あなたは今後、今よりいっそう意識的に目のケアに取り組んでいきたいと思いますか?

この調査で20代~30代の目に関する意識はあまり高くなく、視力の衰えや目の疲れを感じつつも、目のケアに関して特別に気を使っている人は少ない傾向にあることがわかりました。

しかし、将来的に目のケアが必要と考えている傾向があり、今後意識的に目のケアを行いたいと答えた人が7割近く存在することもわかりました。

目の健康が育毛にも害をおよぼす?!

bbad66157e60a70e5b6ccdc47b799c45_s

目が悪いと、頭痛や肩こりなどを引き起こす原因になる可能性は、おそらく多くの方がご存じかと思います。

また、一説には眼精疲労がひどいと頭皮が突っ張ったり、硬くなったりとも言われ、育毛という面ではとても悪影響をおよぼしかねません。

アントシアニンなど、ポリフェノールで目の健康、ケアを目指すとともに、「IGF-1」を増やす生活も目指しちゃいましょう!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+