岡嶋研二博士「和食こそ世界一のIGF-1増加食」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

無理な炭水化物抜きダイエットは育毛にも影響あり?

bs150711519412

成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論を提唱している岡嶋研二博士は、「日本人が世界に誇る和食こそ世界一のIGF-1を増やす食べ物」だといいます。

しかしながら、今ダイエットの世界では“手軽に痩せられる”として、「炭水化物抜きダイエット」が流行っています。

色々なやり方があるようですが、多くの場合は、おかずはそのまま食べて、炭水化物・・・お米やパン、麺類などいわゆる主食を一切摂らない、というダイエット方法です。

岡嶋博士は、日本人は古くからお米を主食としており、お米に含まれた素晴らしい栄養素と、育毛との関連性を語っています。

109c9a9628e841b48369ee436972ac12_s

お米の中でも特に良いというのが、外側の栄養が詰まったぬかを捨てない玄米だそうです。そこに含まれる「ビタミンB1」、GABA、γ-オリザノールといった健康成分が、胃の知覚神経を刺激し「IGF-1」を増やしてくれるというのです。

極端な炭水化物抜きは、髪の毛を犠牲にしてしまう可能性もあります。

そんななかで、炭水化物抜きダイエットに対し、警鐘を鳴らすこんなレポートが発表されました。

「炭水化物抜きダイエット」というダイエット法に潜む罠

PAK88_dietsuruzodebu15172222-thumb-autox1000-17619

ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルスは、ダイエット情報サイト【microdiet.net】にて調査レポート『「炭水化物抜きダイエット」というダイエット法に潜む罠』を公開。

チャレンジする人が多く成果が出るのも早いと言われ、ジムでも推奨していることがある「糖質制限ダイエット」「炭水化物抜きダイエット」は、主食であるお米やパンをできる限り食べないようにするというダイエット法で、今とても人気があります。

しかしこのダイエット法は多くの危険性があります。体に必要な3大栄養素のひとつである炭水化物(糖質)を減らすと、体力や代謝、集中力の低下、疲労感、ダイエット臭(ケトン臭)といって口臭や体臭がするなど様々な弊害が現れるほか、「炭水化物以外なら何を食べてもOK」という考えで栄養バランスを考慮せずにこのダイエットが行われる場合、危険性がさらに高まってしまうのです。

炭水化物以外ならどれだけ食べてもOK!に潜む罠

d1593-328-966704-2

炭水化物抜きダイエットでは主食であるお米などの量が少なくなる分、他のおかずを食べる量がどうしても増えます。野菜で食事のボリュームを補うのであれば良いのですが、メインの肉や魚などのおかずの量が増えてしまうと、結局カロリーオーバーとなってしまうことも。炭水化物とタンパク質は体内での使われ方は異なりますが、どちらも1グラムあたり4キロカロリーと同じです。

それだけではありません。炭水化物抜きダイエットでは、お米やパンはNGだけど肉ならいくら食べても良いという話が雑誌やインターネットなどで散見されますが、こうした食べ方は体の負担が増え、美容面だけでなく健康を損なってしまうこともあります。

肉の主成分は動物性タンパク質であり、体の組織やホルモンなどを作るために必要なタンパク質が摂取でき、吸収率が高いという点では優れています。

しかし食べすぎればタンパク質、動物性脂肪、コレステロールなどの過剰摂取になり、腎臓、血管、心臓などへの負担が増え生活習慣病のリスクを高めるほか、分解に時間がかかるため消化が不十分となり腸内の悪玉菌が増殖。悪玉菌は動物性たんぱく質や動物性脂肪を好むため、腸内で腐敗し毒素を発生させてしまいます。

では、同じタンパク源の魚はどうでしょうか。肉の食べすぎは体に良くないことは知られていますが、魚は逆に体に良いというのが通説です。

2c1ebe91588a14257b60e7d11af97acc_s

魚の主成分もやはりタンパク質ですが、油の質が肉とはまったく異なります。肉の脂肪は飽和脂肪酸という種類の脂肪で、過剰摂取は悪玉コレステロールを増やしてしまうのに対し、魚の脂肪はDHA・EPAといったオメガ3脂肪酸がメインです。

これらの脂肪酸は体内では作ることのできない必須脂肪酸で、肉の脂肪のように血液をドロドロにしてしまうどころかサラサラにする作用があり、体脂肪として蓄積されにくいという特長があります。

健康的にお肉を食べるには

4c5f68051a16923fd57cfbc81be65de8_s

肉を食べるのであれば、野菜や海藻、きのこを一緒に食べることがポイントです。食物繊維が豊富なこれらの食品は、腸内の善玉菌のエサとなり腸内環境を良くしてくれます。また、血糖値の急上昇を防ぎ満腹感も得られるなどダイエット面でも良いことばかりです。

一食で食べる肉の適切な量の目安は、自分の指の部分を除く手のひら一つ程度です。野菜は生野菜なら両手でお椀を作って乗る程度、加熱した野菜なら片手に乗るぐらいが目安です。

健康な食事=「IGF-1」を増やす食事だった

bsSAWA_saikyouteisyoku

上記のレポートによると、お魚の油(DHA・EPAといったオメガ3脂肪酸)や、海藻、きのこを一緒に食べることを勧めている点など、岡嶋博士のいう「IGF-1」を増やす食事に共通する部分が多いですね。

極端な炭水化物抜きダイエットは、育毛に対し悪い影響を与える可能性があるものの、その一方で、当たり前ですが炭水化物(糖質)の摂り過ぎも良くありません。

48c0f4f7afea812d2b9e63fb80fcedae_s

体に良くないのはもちろんですが、岡嶋博士によると体の中で糖質が増えすぎると、知覚神経がマヒしてしまい、「IGF-1」を減らしてしまうことにもなってしまうといいます。

過ぎたるは、なお及ばざるがごとし。古来から言われているように、やはり何事も『ほどほど』が一番よろしいようで・・・

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+