適度なお酒は育毛にも、心と体の健康にも良いということ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

適度なお酒は育毛によい

eyes05681

お酒は昔から「百薬の長(ひゃくやくのちょう)」と言われてきました。

成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論を提唱する岡嶋研二博士によれば、適量のお酒は健康にも、そして育毛にも良いといいます。

ある調査では、お酒を適量(日本酒なら1日1合、ビールなら大瓶1本、赤ワインならグラス2~3杯)飲む人と、まったく飲まない人を比べたところ、お酒を適量飲む人の方が、まったく飲まない人よりも長生きの傾向が見られたそうです。

OZP68_nekutaiatamanimaiteyotteru注)こんなになるまで飲んではいけません

日本酒は、お米を酵母発酵させてさせて作ります。その発酵の過程で生まれる「α-グルコシルグリセロール」という成分が、胃の知覚神経を刺激し「IGF-1」を増やすはたらきが。ビールの場合は、ホップに含まれる「ゲラニオール」という成分が、胃の知覚神経を刺激し「IGF-1」を増やすはたらきがあるといいます。

a1020_000061

赤ワインの場合は、豊富に含まれるポリフェノールが、胃の知覚神経を刺激し「IGF-1」を増やすはたらきが、それぞれ見られたそうです。

お酒のなかでも赤ワインが特にオススメしたい理由

59238a49c91b628ad9822fa9ca2804cd_s

赤ワインはブドウの皮や種も一緒にすりつぶして作られるため、ブドウに含まれる栄養を丸ごといただけるものといえます。(白ワインの場合は、皮や種を取り除いて作られます)

70a45758

赤ワイン(ブドウ)に含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」は、さらに強い抗酸化作用で消化管などの知覚神経を刺激し、「IGF-1」を増やすことが、岡嶋博士が行った試験で分かったそうです。

お酒は飲みすぎさえしなければ、昔から「百薬の長」などとも言われるぐらい、体に良いといわれています。

ワインのおかげ?で心臓が強いフランス人

実際に、ある研究機関が男性を対象に、約3万4千人を15年間にわたって調査した結果、1日あたりグラスで2~3杯のワインを飲んだ人は、まったく飲まなかった人に比べ、心臓病による死亡率が約3~4割、ガンによる死亡率が約2割、下がることが見られたと報告されています。

c7c04c20c5dc257788ea5a0e1936c099_m

また、赤ワインをよく飲むフランス人は、肉食がメインにも関わらず、アメリカやイギリスなどと比べても、心筋梗塞など心疾患系での死亡率は低いともいわれています。

さらには、岡嶋博士によると「IGF-1」は抗ストレスのはたらきも期待できる成分だそうで、これを増やす生活を行えば体だけでなく『心の健康』にもつながるかも知れないとか。

せっかくお酒を楽しむなら、育毛に良いだけでなく、心と体にも良いものをとりたいものですね!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+