日本酒版オクトーバーフェストでIGF-1を増やす!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

“αGG”が「IGF-1」を増やす!

bsCKL_osakewononda

「お酒のなかでも日本酒は育毛に良い影響を与えます」

成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論を提唱している岡嶋研二博士はそういいます。日本酒は酵母による発酵で作られるお酒です。その酵母が「IGF-1」に作用するからです。

そのことをもう少し詳しくご説明しますと、日本酒には“α-グルコシルグリセロール(αGG)”という物質が0.5%ほど含まれているといいます。この物質があるため、高濃度のアルコール環境でも清酒酵母は元気に活動でき、岡嶋博士が行ったマウスを使った試験では、日本酒に含まれるαGGは知覚神経を刺激し、「IGF-1」を増やすはたらきがあることを発見したそうです。

そして、私たち人間の場合も、日本酒を適量(1日1合程度)飲んだ場合、αGGが胃の知覚神経を刺激して「IGF-1」が増えるというのです。

そんな適量を楽しむ程度でしたら、「IGF-1」を増やすことが大いに期待できる日本酒のフェスが初めて開催されるそうです。

初の日本酒フェス、『和酒フェス 東京@日テレ』開催

czMjYXJ0aWNsZSMzOTI4NSMxNTE3MTgjMzkyODVfc21GZWJZZXJlZy5wbmc

全国の酒蔵20蔵が集結する『和酒フェス 東京@日テレ』を、東京都港区「日本テレビ 日テレタワー大屋根広場」にて11月21日(土)と12月19日(土)に開催。

獺祭を始はじめ、ノーベル賞授賞式の晩餐会にて提供された福寿など実力派日本酒蔵が参加。日本酒、スパークリング清酒、梅酒、甘酒など女性にも嬉しい100種類以上がラインナップされ、酒蔵自慢のおいしい酒を体感できるフェスだとか。

今回が初開催となる和酒フェスは、『美味しい和酒をもっと知り、感じて、共有する』というコンセプトで企画されているそうで、11月と12月の第3土曜日に汐留は日テレタワーにて開催され、季節を感じながら旬の日本酒と食事を楽しむことのできる『きき酒祭り』となっているそうです。

新米新酒「はつしぼり」をはじめ、冬の屋外でのお燗ブース、日本酒カクテルブースもあり、酒蔵自慢のおいしい酒と共に、様々なお酒の飲み方も提案する。日本酒、スパークリング清酒、梅酒、リキュールなど、年齢や性別に関係なくお酒初心者にも楽しめる100種類以上のラインナップ。

ビールを飲んで楽しむ、オクトーバーフェストのように、和酒フェスでも実際に和酒を飲み、造り手と話すことで和酒と和酒文化の素晴らしさを体感していただきたい、とのことで、さらに出品される全国各地の銘酒を飲み比べられ、各酒蔵の特徴を知り、自分の好きなお酒を発見して欲しいとは主催者の言葉。当日はお酒の販売も行われ、気に入ったお酒を購入することも可能だそうですよ。

食事(キャッシュオン)は手づくりの家庭料理から中華料理とイタリア料理、地域特産品などを予定しており、日本酒とのマリアージュが楽しめるそうです。また、お酒と美と健康セミナーでは、あおい有紀さん、森田真衣さんに加え、「島田律子(日本酒スタイリスト)」が登壇し、楽しく、賢く飲める特別な酒セミナーを実施されます。

■出展酒蔵
【南部美人(なんぶびじん)】南部美人/岩手県
【末廣(すえひろ)】末廣酒造/福島県
【弥右衛門(やうえもん)】大和川酒造店/福島県
【菊水(きくすい)】菊水酒造/新潟県
【水芭蕉(みずばしょう)】永井酒造/群馬県
【黒松仙醸(くろまつせんじょう)】仙醸/長野県
【臥龍梅(がりゅうばい)】三和酒造/静岡県
【花の舞(はなのまい)】花の舞酒造/静岡県
【白川郷(しらかわごう)】三輪酒造/岐阜県
【玉乃光(たまのひかり)】玉乃光酒造/京都府
【梅乃宿(うめのやど)】梅乃宿酒造/奈良県
【日本盛(にほんさかり)】日本盛/兵庫県
【沢の鶴(さわのつる)】沢の鶴/兵庫県
【福寿(ふくじゅ)】神戸酒心館/兵庫県
【獺祭(だっさい)】旭酒造/山口県
【千代の亀(ちよのかめ)】千代の亀酒造/愛媛県
【光武(みつたけ)】光武酒造場/佐賀県
【9銘柄】酒蔵応援団/全国
【郷酒(さとざけ)】日本地酒協同組合/全国
※【銘柄名(めいがらめい)】、酒蔵名、所在都道府県の順

■出演者
MC:あおい有紀さん(アナウンサー・酒サムライ)
音楽:鼓絆 ~COHAN~(和太鼓グループ)
漫才:にほんしゅ(漫才コンビ)
ゲスト:森田真衣さん(ミス日本酒2014)
ゲスト:島田律子(日本酒スタイリスト)

■イベント概要
『和酒フェス 東京@日テレ』
会場:日本テレビタワー1F 大屋根広場(東京都港区東新橋1-6-1)
価格:3,000円
日程:2015年11月21日(土)
第1部 12時00分~14時15分
第2部 15時00分~17時15分

これからの季節、日本酒を飲むなら・・・

a0001_005450_m

どのような銘柄でもまったく構わないのですが、日本酒を飲むなら冷やで飲むよりも、お燗をつけて飲む方が良いそうです。

冷たいもの、常温のものと比べ、温かいものの方が胃の知覚神経を刺激するので、より「IGF-1」を増やすことが期待できるそうです。そして、「IGF-1」が増えれば、より育毛に対して良い影響が出ることが必然的に期待できると岡嶋博士はいいます。

特に最近、世界的にも認知され、そしてプレミア化してしまった「獺祭(だっさい)」や「福寿(ふくじゅ)」なども楽しめるという、日本初の日本酒のフェス。育毛のことも考えつつ、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+