今年の出来は・・・ボージョレ・ヌーヴォ2015と育毛

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

育毛にも?!今年のボージョレ・ヌーヴォ

4a5694bc58e61e53d449a1d7b498715c_s

成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論を提唱している岡嶋研二博士はいいます。「グラス2~3杯程度のワインは、育毛に関わる成長ホルモンIGF-1を増やす」と。

ワインといっても、赤ワインの方がより効果が期待できるそうですが、ポイントはワインに含まれている健康成分である『ポリフェノール』だといいます。なかでも、ポリフェノールの一種である『レスベラトロール』は、大変に強い抗酸化作用を発揮して、飲むと胃の知覚神経を刺激して「IGF-1」を増やしてくれるというのです。

この『レスベラトロール』は、強い抗酸化作用でエイジングケアや、ダイエットに効果が期待できるともいわれ、また、一説には人間の持つ“長寿遺伝子”にはたらきかけ、健康で長生きにつながるのでは、と研究も進んでいる成分でもあります。

そんな健康成分が含まれるワインですが、この時期の風物詩といえば、アレです。今年もついにあの季節がやってきました。

ボージョレ・ヌーヴォいよいよ19日(木)解禁

d16166-8-206867-0

19日のボージョレ・ヌーヴォ解禁に合わせ、アサヒビールよりブルゴーニュの巨匠「ルイ・ラトゥール」社プロデュース、 『アンリ・フェッシ』社のヌーヴォ発売になります。「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォ2015」にて、『アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ』が“最高金賞”を、『アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヌーヴォ』が“金賞”を受賞。

d16166-8-903661-1
最高金賞に輝いたという「ヴィラージュ・ヌーヴォ」

d16166-8-449181-2
金賞に輝いたボージョレ・ヌーヴォ

ちなみに、賞を受賞した「トロフィー・リヨン・ボージョレ・ヌーヴォ」とは、ボージョレ・ヌーヴォ唯一の公式コンクールだそうです。毎年解禁日の11月第3木曜日に先駆け、「ボージョレ・ヌーヴォ」・「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」について、著名なワイン専門家や醸造家などが審査し、各賞を決定。その中で最高金賞、金賞に輝いたボージョレなのですね。

d16166-8-466830-5
ローラン・シュヴァリエ氏

アンリ・フェッシ醸造責任者であるローラン・シュヴァリエ氏は解禁前の17日に販売元であるアサヒビール本社を訪れ以下のようにコメント。「2015年は、私がボージョレでこれまでに見たことが無いほどの最高のヴィンテージです。このボージョレ・ヌーヴォを日本の皆様と共有できることを、心から誇らしく思います。全てのお客様がこの格別なワインを楽しんでいただけるものと確信しています。」

とっても気になる“今年の出来”は?!

59238a49c91b628ad9822fa9ca2804cd_s

そして、毎年気になる「今年のボージョレ・ヌーヴォ」の出来ですが、2015年はバランスが完璧で、“とても偉大なヴィンテージ”と大変に高い評価だそうです。

ボージョレワイン委員会によると、「2015年は十分な日照量などの素晴らしい条件のもとでぶどうが成熟。上半期の乾燥が影響しぶどうの収穫量は少なくなったが、ワインは濃く深みのある色合い、並外れて豊かで、かつ絹のようなしなやかさも持っている。酸、果実味、タンニンのバランスが完璧で、2015年のボージョレを偉大なヴィンテージとするためのすべての要素が揃っている。」とコメントしています。

また、今年は例年より高いアルコール度数が特長だそうです。天候に恵まれぶどうの熟度・糖度レベルが高くなったため、例年より高いアルコール度数となったそうです。例えば「アンリ・フェッシ ボージョレ・ヌーヴォ」は例年の12度から今年は13度に、「アンリ・フェッシ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」は例年の12度から今年は13.5度に上がりました。果実味の豊かさ、凝縮感、ボディの厚みなど、例年を上回る伝説的なヴィンテージになると期待されているそうですよ。

今年は解禁後の週末が3連休の方も多いはず。最高金賞、金賞のボージョレを持ち寄ってワンランク上のホームパーティーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最高金賞「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」金賞「ボージョレ・ヌーヴォ」
http://beer.asahishop.net/HFBN2015/

そんなボージョレ・ヌーヴォと一緒に食べて育毛

a0001_014502_m

いかがでしょうか。伝説的なヴィンテージになる可能性もあるという今年のボージョレ。これは飲まなきゃソン?ではないでしょうか。

そして、そのまま飲むのも良いでしょうが、せっかく飲むならば、やはり「IGF-1」を増やし、育毛のことを考えて飲むのがオススメ!定番のチーズなどの発酵食品や、アルコール度数高めで、ボディの厚みなど強い味わいのワインのようですから、トウガラシや大豆製品を使い、ピリ辛冷や奴や麻婆豆腐などパンチの効いたおつまみなどいかがでしょうか。

トウガラシの「カプサイシン」に、大豆製品の「イソフラボン」、そしてワインに含まれるポリフェノール・・・「レスベラトロール」の三位一体で、あなたの体の中の「IGF-1」を増加を強力にサポートしてくれることでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+