こうすれば必ず薄毛になれる!逆育毛生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

当てはまっていませんか?逆育毛生活

166090

育毛効果が期待できるサプリメントを飲んだり、ネットで評判の育毛剤を毎日使用して丁寧にマッサージをしていても、なかなか目に見える効果があらわれない・・・。そんな経験をされている方も、おそらく少なくないと思います。

もはや手遅れなのだろうか・・・と、絶望してしまうのは、もしかしたらまだ早いかも知れません。

せっかくサプリメントや育毛剤で、抜け毛の進行にブレーキをかけているのに、もしかしたら他の行動でアクセルを踏んでいるのかも知れません。

髪の毛に良くないといわれるいくつかのことをご紹介させていただきます。逆に言えば、「オレは絶対に薄毛になりたいんだ!」とお考えの方は、この通りに生活をすれば、高い確率で薄毛になれるともいえます。

見直そう!食事生活編

bs150711519412

私たちは食べ物を食べなければ絶対に生きてはいかれません。そして、食べ物が私たちの体の栄養になるように、食べ物が髪の毛の栄養、髪の毛の素になります。

脂っこいものが好きな方は要注意!

PAK88_agemonokuuu15160336-thumb-1000xauto-18466

私たちが普段呼吸をするように、髪の毛が生える毛穴も呼吸をしているともいわれます。そこに皮脂(頭皮の脂)が詰まって、正常に髪の毛が生えなくなってしまうことが、髪の毛が成長する前に抜けてしまうなど、健康なヘアサイクルの乱れにつながります。

髪の毛が抜けるのは正常なことです。(一日50本~100本抜けるといわれています)問題なのは、次の髪の毛がスタンバイされる前にどんどん若い髪の毛が抜けて行ってしまう状態。こうなってしまうと、髪の毛の生産ペースが追いつかず、細くて短い毛ばかりになって、いわゆる“薄毛”になってしまうのです。

<ポイント>
・揚げ物やジャンクフード、肉中心の食事

・インスタント食品などカロリーが高い食事

・お菓子やジュースなど糖分の取りすぎ

ついついこのような食生活になっていませんか。

当然ながら脂の多い食事を続けていると、頭皮の脂がどんどん出てしまったり、さらには髪の毛だけではなく、血液の流れが悪くなってしまうなど、何一つ良いことはありません。(でも、美味しいからついつい食べてしまうのですが)

見直そう!日々のシャンプー

491414af074c43b5b183a4b3917dd333_s

「毎日スカルプシャンプーで頭洗っているから大丈夫!」

・・・という方ほど、実は要注意!

スカルプシャンプーなど、頭皮を清潔に保つ薬用シャンプーを使って、育毛への意識が高い方が、ついついおちいりがちなのが、シャンプーの“すすぎ”です。

育毛的にはシャンプーは、洗うよりも、頭皮にシャンプーの成分を残さないよう、しっかりと完璧にすすぐことが、より重要になってきます。

しっかりとすすげていないと、残ったシャンプーの成分に、皮脂が加わって、髪の毛的には最悪の環境になってしまうことでしょう。また、そんな頭皮の環境では、いくらすごい成分が入った育毛剤を使って、よ~くマッサージしても、有効成分が毛穴まで届かないことでしょう。

<ポイント>
・シャンプーは、しっかりと時間をかけてすすぐ!

これで抜け毛にブレーキかけて育毛のアクセルを踏む!

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

そこで登場するのが、成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)の存在です。医学博士である岡嶋研二博士によれば、「IGF-1」は体が備える天然の育毛剤とも呼ばれ、これを減らさず、増やすことが、育毛につながるといいます。

「IGF-1」を増やすためにはどうしたら良いか。

上でご紹介したことと逆を行えばよいのです。脂っこい食事ばかりを止めて(たまには良いでしょう)カロリー控えめ、腹八分の食事を心がけ、そして糖分を控える食生活を心がける(これまた、たまには良いでしょうが)。

過剰なカロリーや脂、糖分は、体の知覚神経をマヒさせて「IGF-1」の分泌を抑えてしまうといいます。それに加えて、塩分の摂り過ぎも、同じように薄毛への近道といえるでしょう。

古くから「腹八分に医者いらず」といわれています。育毛を意識した生活を送ることは、実は健康で長生きを目指す生活を送ることでもあったのです。

その上で、先ほどのサプリメントや育毛剤を使っていれば、きっと今までとは違った結果になるかも知れません。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+