毛根を食い荒らすエイリアンが頭皮に存在する?!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

治らない頭の痒さ・・・もしかしたらそれって???

a1640_000366_m

日ごろのシャンプーや、育毛剤など頭皮の環境を清潔にキープすること。育毛の意識高い系の方でしたら、おそらくほとんどの方が行っていることと思います。

しかし・・・

それでも、頭がかゆい。毎日、スカルプシャンプーをしているのに、かゆみをおさえる薬を塗っているのに、それでもかゆい・・・。もしかしたら、あなたの頭皮に、存在する“エイリアン”のしわざ、かも知れません。

「デモデクス」という生物をご存じでしょうか。

通称、顔ダニとも呼ばれ、名前の通り主な生息地は人間の顔。なんとほとんどの人間の顔、頭皮に存在しています。

私たちが健康な時ならば良いのですが、たとえば仕事が忙しくて不規則な生活になる、過剰なストレスがかかる生活している・・・などなど、体の免疫低下などで、顔ダニが異常繁殖した時などにトラブルが発生するといいます。

毛根に住み、生まれたばかりの髪の毛を食べることも!

抜け毛

顔ダニは人間の顔や頭皮にある毛穴を家にしているダニです。毛穴を家にしているため、ニキビの内部から多数発見されることも多く「ニキビダニ」とも呼ばれています。

この顔ダニの大きさは0.1~0.4ミリほど。残念ながら?肉眼では見えません。ある調査によれば90万人以上を対象とした調査では成人の97%以上に棲息していた(!)という結果になりました。残念ながら「ほぼ全ての人の毛穴に存在する」と言い切れます。

彼らの習性は、14日~1ヶ月ぐらいの寿命で、その間に3回脱皮をします。メスは1度に50個ほどの卵を産んで、卵から成虫になるまでは10日~13日しかかからず、短時間で増殖してお肌に影響を与えるといいます。

皮脂や細胞をエサにしています。したがって、「顔ダニ」といいながらも毛穴や皮脂腺のある部分なら、身体のどこにでも棲息しています。特に顔や頭皮の人口密度が高いため、「顔ダニ」もしくは「ニキビダニ」と呼ばれています。

彼らは余分な皮脂だけでなく、肌の細胞や栄養分までも食べてしまいます。栄養素を奪われた肌や毛根は、乾燥や抜け毛の原因、老化を進行させると考えられています。

また顔ダニは夜になると毛穴から出てきて、朝になると元の毛穴に戻るといいます。毎朝、洗顔を欠かさない方でも、夜の洗顔を行う方は少ないのではないでしょうか。これからは“夜の洗顔”もポイントになってくるでしょう。

ただし、必ずしも害になるばかりではない

MAX98_jidoriharf20140531

「じゃあ顔や頭を徹底的に消毒して、顔ダニを全滅させた方がいいよね?」

・・・ということでもないようなのです。

顔ダニは増え過ぎさえしなければ、私たちの顔と頭皮の余分な皮脂を食べてくれるありがたい側面もあります。特に頭皮は体の中で一番脂の分泌量が多い部分ですから、彼らと上手~く共存できれば、むしろ過剰な脂を抑えてくれる存在にもなりえます。

なにごともバランスが大事です。彼らが適度に住める環境を作ることが、健康な髪の毛が育つ環境につながるのかも知れません。

そして、ストレスや過剰な皮脂の分泌を抑えて、正しい育毛を行うためには、成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)を増やす生活が重要になってくるといえるでしょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+