2016年・鍋トレンド予測レポート ~流行りの鍋、これから流行る鍋

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年の鍋の流行りは“ハイブリッド”

bsITOU85_ryouri20150221172012500

今日、12月22日は『冬至(とうじ)』です。1年でもっとも日照時間が短い日であり、この日にカボチャを食べて、ゆず湯に入ると健康に1年を過ごすことが出来るともいわれています。

そんな1年でもっとも太陽が出ている時間の短い日。日が落ちるとグッと冷え込んできて、そうなるとお鍋が恋しくなってきます。

今年の流行りの鍋、これから流行る鍋を予測したレポートをトレンド総研が発表しました。ポイントは“ハイブリッド”だそうです。

違う味のかけ算でさらに美味しく

27463_opkdDwbGMR

冬の風物詩とも言える「鍋」。毎年様々なアレンジが楽しまれ、味付けや具材のバリエーションも豊かになっています。

なかでも今年特に注目したいのが『ハイブリッド鍋』。

『ハイブリッド鍋』とは、「塩鍋×ちゃんこ鍋」、「トマト鍋×カレー鍋」、「キムチ鍋×豆乳鍋」のように、鍋料理を中心とした2種類のメニューをかけ合わせて楽しむ、新しいスタイルの鍋のこと。近年、「クロワッサン×ドーナツ」、「フレンチトースト×ワッフル」などのような『ハイブリッドフード』が人気を集めていますが、その流れは鍋料理にも波及しつつあると報告しています。

実際に、鍋つゆなどを発売する各メーカーにおいても、今冬は『ハイブリッド鍋』に注目する動きが見られます。ミツカンでは、<塩×ハイブリッド>をキーワードにした新商品として「〆まで美味しい地鶏塩ちゃんこ鍋つゆ」を展開し、好評を博しています。

そのほかにも、すき焼きとしゃぶしゃぶを組み合わせた「すきしゃぶ」、餃子の皮を豚肉と一緒にしゃぶしゃぶ風に楽しむ「餃子の皮でもちっと豚しゃぶ」といったユニークなメニューも提案し、人気を集めているようです。

また、「甘熟トマト鍋スープ」などを販売する「カゴメ」では、同社のトマト鍋スープにカレーやシチューのルウを入れる『ハイブリッド鍋』を楽しむ人が増えているといいます。

カゴメ広報の方によると「昨年の冬頃から、お子様のいらっしゃる家庭を中心に、新しいトマト鍋の楽しみ方として広まりつつあるようです。実際に、大手レシピ投稿サイトなどでも、一般の方が鍋のアレンジ例として紹介されています。特に、トマトとカレーは相性がよいので、当社としてもおすすめの組み合わせ。「甘熟トマト鍋」スープ1袋に対して、市販のルウ1~2かけ程度のバランスが丁度よいようです」とのこと。

さらに最近ではSNSなどでも、オリジナルの『ハイブリッド鍋』を紹介する投稿が見受けられます。今年の冬は、いろいろな掛け合わせで自由な“ハイブリッド”を楽しむ人がますます増えていくと予想されるそうです。

———————————————————————–
生活者の『ハイブリッド鍋』に関する興味・関心
———————————————————————–

また今回は、鍋料理に関する意識や、『ハイブリッド鍋』に対する興味・関心の度合いについて、20~50代の主婦 300名を対象とした調査。

27463_fmnbCoOmrY

まず、「自宅で鍋料理を作ることはありますか?」と聞いたところ、97%とほとんどの主婦が「ある」と回答しました。

そこで、「今年の冬、どれくらいの頻度で鍋を作る予定ですか?」と質問すると、「週に1回以上」と答えた人が57%という結果に。半数以上もの主婦が、冬は「毎週」鍋を作りたいと考えているようです。

しかし一方で、「シーズン中に、鍋料理に飽きてしまうことがありますか?」と聞いたところ、45%と半数近くの人が「ある」と回答。

また、「鍋料理を食べている途中で飽きることがある」という人は30%、「鍋料理は家族に手抜きだと思われる」という人も25%と、それぞれ約4人に1人にのぼっています。なお、こうした背景もあってか、「鍋料理を作る時には、自分なりのアレンジを加えたいと思いますか?」という質問では49%と約半数が「そう思う」と回答。

27463_cGwfvAaPxc

そこで、具体的に試してみたい「掛け合わせ」を聞いたところ、

●「塩ちゃんこ鍋の締めにキムチを入れると、
シメにラーメンなどの麺類を入れても飽きずに楽しめそう」(25歳)
●「トマト×チーズフォンデュのハイブリッドを試してみたい」(39歳)
●「鶏がらと豆乳の組み合わせは、コクが出ておいしくなりそう」(29歳)
●「最初は塩味やしょうゆ味で、途中から味噌味に」(45歳)
●「トマトとトムヤムクン味。まったく違う味だが、合うと思う」(55歳)

など、さまざまなアレンジを提案する回答がみられたといいます。

【調査概要】
・調査名:「鍋料理」に関する意識・実態調査
・調査期間:2015年11月13日~11月16日
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:20~50代 主婦 300名

鍋料理のメリットである、手軽さやおいしさはそのままに、いろいろなバリエーションが楽しめて、飽きずに味わえる『ハイブリッド鍋』がオススメだそうですよ。

■トレンド総研

大勢でも一人でも楽しめる

81207a7680a8afec0251d58a23a8a98e_s

鍋は、ご家族や気の合う仲間でワイワイ言いながらつつくイメージがありましたが、最近のトレンドとしては一人でも楽しめる鍋。人数の多い少ないに限らず楽しめるのも魅力でしょう。

「他人と同じものを箸でつつくのはちょっと・・・」と思うキレイ好きな現代人にも大いに受けているようです。また、調理の手軽さから単身者でも受けており、他人に気をつかわなくて良いことや、食べ終わった後でも違った具材やスープを投入して、色々な味を楽しめることから受けており、今後はますます“おひとり様鍋”が流行っていきそうです。

鍋は体が温まるだけでなく、お魚や野菜などもたっぷり食べられて体の健康にも良いでしょう。また、体だけではなく、牡蠣や海藻類、卵、お豆腐に唐辛子など・・・髪の毛にとって良い物をたっぷりと補給するチャンスでもあります。

体も髪の毛も健康になること間違いなし!な鍋もの。ぜひ、この冬は育毛を意識したお鍋などいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+