アンチエイジングの決定版?!「IGF-1」が老化にブレーキをかける

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

男女必見!エイジングケアの決定版

b5a44233d260e3ca3446ebdfa38321e2_s

アンチエイジングに興味があるのは女性だけではないでしょう。

老化のスピードをゆるやかにして、いつまでも若々しく元気に過ごす。これは男女共通の願いだと思います。

世の中には様々なエイジングケアの方法がありますが、今とくに注目を集めているものがあります。

成長ホルモン「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」。

このホルモンの分泌をうながすことで、老化のスピードにブレーキをかけることが出来るかも知れないのです。

エイジングケアにおける「IGF-1」のはたらき

aa25c8f5990f5239ba3f91f93f20d846_s

「同い年なのにどうして・・・」

同窓会に参加した時、とても若々しくて、思わず「えっ?」となってしまうぐらい、どう見ても同い年に見えない方っていませんか?

もしかしたら、その秘密はこの「IGF-1」にあるのかも知れません。この「IGF-1」のはたらきについて、いわれているのが以下の通りです。

・皮膚のコラーゲン量を増やす

 

・汗腺(汗を分泌する部分)の機能を改善

 

・皮膚の立体構造維持に効く皮脂の分泌をうながす

ある実験では、「IGF-1」を増やすことで、顔のシミやシワ、たるみが改善したという報告もあります。

年齢の第一印象は、ほうれい線や目じりのシワ、頬のたるみなどによってだいぶ変わりますから、それが改善されれば、より若々しく見えることになります。

どうやって「IGF-1」を増やす?!

7117fcff9beacd1d25ef105b12ac9c87_s

エイジングケアにおいて大注目の「IGF-1」ですが、いったいどうやって増やしていけば良いのでしょうか。

漢方薬では滋養強壮をはじめ、不妊、高脂血症、高血圧、骨粗鬆症、糖尿病、リウマチ、貧血などに用いられてきた『鹿茸(ろくじょう)』というものがあります。

鹿茸とは、「鹿の角」のことです。オスの鹿の角は春になると抜け落ちます。鹿茸は抜け落ちて新たに生える若い角を乾燥させたもの。中国では500年ほども、そのまま、または漢方薬のベース材として使われてきたのですが、この鹿茸に「IGF-1」が豊富に含まれているといわれています。また、同じく自然界にあるものでは、『アガリクス』にも「IGF-1」が含まれているといわれます。

しかし、昔から「体に良い」といわれ、親しまれてきたものでも、私たちにとってはあまり身近なものではないかも知れません。

身近なものでも十分「IGF-1」は増やせる!

af4eab49bf6a06c06843de4937a61f5e_s

e4d0c259cf057f13f03dcd6e4f0f0cce_s

「IGF-1」は、なにも高級な漢方薬などで外から持ってくるだけではありません。

体の中で、新たに作り出すことも可能なのです。

その秘密が、私たちの全身に走る「知覚神経」にあります。その知覚神経に刺激を与えることで、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が分泌されて、必然的にこのエイジングケアの決定版「IGF-1」も増えるという仕組みです。

知覚神経に刺激を与えるのに、もっともよいというのが「カプサイシン」と「イソフラボン」という組合せです。

カプサイシンは唐辛子、イソフラボンは豆腐や納豆、お味噌など食べていればとれますので、これならば十分毎日の食事でカバーしていけそうですね。

ちなみに、カプサイシンは脂肪燃焼効果はもちろんのこと、血流の流れをよくして新陳代謝を活発にして、お肌にある毛穴の老廃物を外に出すデトックス効果も期待でき、メラメラ、ツルツルの若々しさをサポートしてくれます。

イソフラボンは、カルシウムの吸収をサポートするはたらきがあり、骨粗しょう症対策にも良いといわれます。こちらは骨太な若々しさをサポートしてくれる成分です。

さらにアンチエイジングは体だけではありません。

髪の毛の若々しさにもとても期待できるものなのです。「IGF-1」は育毛の仕組みにも関わる成長ホルモンだからです。

また、カプサイシンは頭皮にある毛母細胞へ髪の毛をつくる栄養を運ぶアシスト役にもなりますし、イソフラボンは男性ホルモンの過剰な分泌をおさえるともいわれ、どちらも育毛には良いといわれ続けていました。

ぜひ、今注目の「IGF-1」で、体も髪の毛も若々しく健康でいましょう。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+