意外?!バレンタインと育毛の関係性

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

いつから始まった?バレンタインデー

e9bb0842b1082bc757c2c8bfc8fd748a_s

2月14日は「バレンタインデー」です。日本では女性が好きな男性に対してチョコレートを贈り、愛の告白を行う・・・というのが一般的ですが、最近では「友チョコ」・・・ふだん仲の良い友だちに感謝の気持ちを込めてチョコレートを贈ったり、男性から女性に贈る「逆チョコ」、自分用にちょっとゼイタクなチョコレートを贈る「自己チョコ」などなど、様々な形で楽しまれています。

そもそもバレンタインデーが始まったのはいつからなのでしょうか。

諸説ありますが、今のところ有力とされているのが古代ローマ帝国を発祥とする説です。

古代ローマでは、2月14日は家庭と結婚の神様である女神ユノの祝日でした。当時のローマ帝国は若い男性と女性は生活が別で、このお祭りの日にそれぞれが出会い、相手を決める日として定着しました。しかし、時の皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、ローマでの兵士の婚姻を禁止しました。

それに反抗したのが、「バレンタイン」の名前の由来となったキリスト教司祭ウァレンティヌス。皇帝には秘密で兵士たちを結婚させましたが、捕らえられ、残念ながら処刑されてしまいました。処刑の日は、ユノの祭日である2月14日があえて選ばれたました。このことをきっかけにキリスト教徒にとって、この日は祭日となり、恋人たちの日となった・・・とか。

ちなみに、これはあくまでも一般論で、初期キリスト教会によって創作されたものである可能性もあります。

海外でのバレンタインデーは?

288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

それでは本場(?)である海外ではどうなのでしょうか。

海外でもチョコレートを相手にプレゼントすることがあるそうですが、より一般的なのが、お花やケーキ、思いを込めたカードなどを、意中の相手に贈るのが一般的だそうです。

そして、日本と決定的に違うのが女性から男性へ・・・ということでもなく、好きな人が居れば関係なく行われ、むしろ男性から女性に対して行われることの方が多いとか。また、告白という意味合いよりも、恋人に普段の感謝の気持ちを改めて伝えたり、親しい友人に贈ったりする方が一般的のようです。

日本独自の(?)バレンタインで育毛を!

17e1d74388e018edc2d9a599397bd6b1_s

バレンタイン=チョコレート

・・・というのは、どうやら日本だけのようです。しかし、育毛的なことを考えたら「返って良いことである」、ともいえます。

チョコレートには原料のカカオに含まれているカカオポリフェノールが非常に豊富。

そのカカオポリフェノールは、食べると胃の知覚神経を刺激して育毛とエイジングケアを後押しする成長ホルモンである「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」の分泌をサポートしてくれるので、男性も女性も気になる育毛対策やエイジングケアに良い影響を与えてくれるのです。

もちろん、準チョコレートやミルクチョコレート、ホワイトチョコレートでは効果は期待できません。ポイントはカカオがたくさん入ったダークチョコレート。それもカカオが70%以上含まれたビターなものが良いでしょう。

カカオが70%以上含まれたチョコレートは、一般的なチョコレートに比べて硬くて苦味も強いですが、それが体に良いといわれています。ちなみに、チョコレートに詳しいタレントの楠田枝里子さんは「チョコレートダイエット」という本を出版していて、“1日にカカオ70%以上のチョコレートを50g”と量を設定しています。

チョコレートは当然のことながらカロリーが高めですので、楠田さんではありませんが、1日に50gもしくはチョコレートを食べたらその分食事からのカロリーを減らす、運動をする・・・など、行っていけば、チョコレートからでも健康的に育毛を目指せることでしょう。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+