育毛都市伝説4.「ハゲは精力の証?」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%a0

「精力が強い男はハゲる!」「ハゲてるヤツはエッチ!」「好きものだからハゲる!」などまるで「薄毛は精力の証」の如くいわれています。

確かに、周りでもそう思える薄毛の友人は何人もいますし、そういった人をみれば「やっぱりそうかも?」と思ってしまいますが、真偽のほどはいかがなものでしょう。

薄毛と精力のカギは男性ホルモン

まず、薄毛の大きな原因として男性ホルモンがかかわっているとなれば、イメージとしてはそんな感じが漂ってきます。しかも男性ホルモンのテストテロンが5α―リダクターゼ(還元酵素)の影響で強烈なジヒドロテストステロン(DHT)に変身することによりヘアサイクルの乱れが起き、脱毛が増え薄毛になると聞けば、もう間違いがなさそうな気になります。

近頃では医師の処方薬の育毛剤として、このジヒドロテストステロンの働きを阻害する効果のある薬が処方されるようになりました。しかし、この薬を飲むと、全員ではありませんが、精力の減退、精子の減少などが見られると報告がされています。つまり、男性ホルモンと精力との関係は大いにあるわけです。

薄毛だけではない、DHTが引き起こすこわーい症状

しかし、フサフサでも精力の強い人もたくさんいますので、「薄毛=精力が強い」、「フサフサ=精力が弱い」というわけではなさそうです。これは、「都市伝説:薄毛は遺伝する?」でも説明しましたが、生まれつき5α―リダクターゼ(還元酵素)の量が多い人や5α-リダクターゼと男性ホルモンが結び付く際の受容体の感受性が強い人は脱毛が激しくなるので、薄毛で精力が強い人はこのパターンとなり、精力が強いのにフサフサという方は受容体に感受性が低いという可能性があるということでしょうか。

ただし、「薄毛は精力の証」と自慢げに思っていると、思わぬ落とし穴があります。それは、男性ホルモンのテストテロンが5α―リダクターゼ(還元酵素)の影響で強烈なジヒドロテストステロン(DHT)に変身することにより前立腺肥大に向かってゆきます。それが前立腺肥大症になると、肥大によって尿道が圧迫されることで起こる、さまざまな排尿障害を引き起こします。代表的なものに、頻尿や残尿感、排尿痛などの「尿意を感じやすくなる症状」と、尿の出始めや終了に時間がかかる、溜まっているのに出せない、勢いが弱いといった「尿が出にくくなる症状」とがあります。2つの症状を総称して「下部尿路症状」と呼びます。
そして、「下部尿路症状」がED(インポテンツ)を引き起こすのです。

%e7%b5%b6%e6%9c%9b%e3%81%99%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7
そうなれば、「精力が強い!」などといっていられる状況ではなくなってしまいます。そしてその可能性は、薄毛の人の方の確立が高いのです。もっとも70代になれば7割、80代になれば8割の男性は前立腺肥大になりますので、最終的にはイーブンともいえます。

まとめ

「ハゲは精力の証?」というのウワサには一利はありそうですが、フサフサのひとでも精力絶倫の人もたくさんいますし、薄毛でも元気のない方や、前立腺肥大になり元気がなくなってしまった人がいることを考えると、イメージとしては△の都市伝説となりましょうか。
そういえば、バナナの中にシクロユーカレノンという成分がみつかり、5α―リダクターゼの働きを弱める効果、つまり、脱毛予防と前立腺肥大を抑制することが同時に期待できるということで話題を集めています。その原料名はなんと「バナチン」。名前も効きそうですが、そのバナチンが配合された製品も続々とあらわれてきました。気になる方は是非お試しを。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+