育毛都市伝説9「体毛の濃い人は薄毛になりやすい?」

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

%e6%af%9b%e6%b7%b1%e3%81%84%e3%83%8f%e3%82%b2

体毛の濃い人は薄毛になりやすいというウワサがあります。これは、薄毛や抜け毛の原因が男性ホルモンであるというウワサとセットで広まりました。実際、体毛が濃くなる要因として男性ホルモンが関わっていますが、体毛の濃さと薄毛にはどんな関係があるのでしょうか?

体毛が濃くなる原因

そもそも体毛が濃くなる最大の原因は、男性ホルモンの分泌量とその強さにあります。それ以外には、遺伝的に体毛が濃くなったり、寒くても薄着で通すなど環境的な原因もありますが、ヒゲや胸毛、スネ毛やウデの毛などの体毛が濃い人でも髪の毛が濃い人もいれば、薄毛の方もいます。いったいその違いはどこにあるのでしょうか?
また、体毛が濃い人は、今は髪が濃くても、必ず薄毛になってしまうのでしょうか?
体毛が濃い方にとってはとても気になる問題ですね。

男性ホルモンのテストステロンは犯人ではなかった!

まず、体毛を濃くする原因となる男性ホルモンのテストステロン自体は、薄毛とは直接的な因果関係はありません。問題は、還元ホルモンの5α-リダクターゼがテストステロンを変質させ強烈な脱毛スイッチとなるDHT(ジヒドロテストステロン)にしてしまうことにあります。DHTが、男性型脱毛症いわゆるAGAへ向かってしまうのです。ですから、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が多いがゆえに体毛が濃い人でもDHTに変質しなければ薄毛には向かうことはないのです。

犯人は「5α-リラクターゼ」だった

「5α-リラクターゼ」が生まれつき多い人や、活性が高い場合には、体毛の濃さに関わらず脱毛が増え、薄毛に向かってしまいます。逆に、男性ホルモンが多く体毛が濃い方でも5α―リラクターゼ(Ⅱ型)の欠損症(生まれつきない)の人には脱毛症がありません。ただし、DHTの原料はテストステロンですので、テストステロンが多く5α-リラクターゼの活性が高い人は、結果として大量のDHTができてしまうことになり、強烈な勢いで脱毛が加速される可能性があります。
スポーツ万能で、筋骨逞しく、体毛も濃い、見るからに男性ホルモンが強そうな人で、薄毛が気になるという場合は、5α-リダクターゼの量が生まれつき多い可能性があります。男性ホルモンが強そうな筋肉ムキムキのアクション俳優にはその傾向があるのかもしれませんね。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%83%a0

ですからAGA(男性型脱毛症)の治療や育毛剤の基本は、「5α―リラクターゼ」の活性を抑えることにあります。
体毛が多い方で薄毛が心配な方は、自分自身の「5α―リラクターゼ」の量や活性度を、クリニックにゆき検査してみてください。

トイレの回数が増えたら脱毛のサイン?

「5α―リラクターゼ」の活性が高まりテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変質させてしまうと、脱毛を加速させるだけでなく、前立腺が肥大してしまいます。尿道を取り囲むような形で存在する前立腺が肥大して膨らんでしまえば、当然のように尿道が圧迫させ尿の出が悪くなり、さまざまな症状が現われます。この前立腺肥大症の治療にも5α―リラクターゼ活性阻害剤が使われます。ですから前立腺の治療で5α―リラクターゼの働きが抑えられることにより、薄毛の進行が止まることもあるのです。

%e5%89%8d%e7%ab%8b%e8%85%ba%e8%82%a5%e5%a4%a7%e7%97%87

ヒゲや体毛が濃い方でトイレに行く回数が増えたり、尿の出具合が落ちたり、小水のキレが悪くなり残尿感があるなどのいわゆる前立腺肥大の症状がでてきた場合には、5α―リラクターゼの活性度があがっている可能性があります。つまり脱毛が進むサインとみることもできるのです。

まとめ

男性ホルモンが多くヒゲや体毛が濃い人は薄毛になりやすいというのは、半分が正しいということになります。正確には、男性ホルモンの量が多く、5α-リダクターゼの活性が高い人が薄毛になりやすいということになります。男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼの働きによりジヒドロテストステロン(DHT)に変化すると、脱毛が進みヘアーサイクルが乱れてしまい薄毛が進行してしまうのです。また、同時に5α-リダクターゼの働きが強くなると前立腺が肥大してしまいます。尿の出が悪くなり、排尿の回数が増えたら危険信号と思い、対策を講じましょう。

%e9%a0%bb%e5%b0%bf

※心配な方は『「5α―リラクターゼ」の活性を抑えるには』をご参照ください

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+