冬毛になる!? 秋は抜け毛の季節です

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

%e5%86%ac%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f_%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

本格的な秋が到来、紅葉の便りも少しずつ聞こえてきます。大学生に聞いた「○○の秋」ランキング※によると、第一位は「食欲の秋」、続いて「読書の秋」、「スポーツの秋」、「睡眠の秋」、「芸術の秋」になるそうです。やはり何といっても食欲ですね。しかしここではあえて、「抜け毛の秋」をランクインさせたいと思います。
※マイナビ学生の窓口調べ(2016年8月調査)

%e5%86%ac%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f_%e2%91%a0

秋は抜け毛の季節は本当だった

夏が終わり涼しくなってくると、抜け毛が増えると感じませんか。髪を洗った時、排水溝に渦巻く抜け毛の多さに驚いてしまった経験もあるでしょう。そう言えば去年の秋も、その前の秋も、その前の前も、気が付けば秋はいつも髪が抜けているかも。もしかして、秋ハゲ?と不安になる前に、秋と抜け毛の関係をひも解いてみましょう。
成長を終えた髪が抜け毛となるのは、自然現象です。通常は1日50~100本程度、誰でも抜けていますが、秋になると3倍近く抜けてしまうことがあるようです。この秋の抜け毛には理由がありました。

%e5%86%ac%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f_%e2%91%a1

紫外線が思った以上にダメージを与える

夏場、肌や顔には日焼け止めを付けても、頭は帽子も被らずに無防備という方は多いと思います。この紫外線は髪の製造工場である毛母細胞に大きなダメージを与え、髪が抜けてしまう原因になってしまうのです。なお、地上に届く紫外線のうち特に注意したいのが、肌の奥深くまで到達し真皮層にあるコラーゲンを破壊するUVA(A波)です。コラーゲンが少なくなってしまった頭皮では老化が進み、健康な髪が作られなくなってしまうという悲しい現実が。夏にはじけた代償が薄毛とならないよう、紫外線には注意が必要です。

%e5%86%ac%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f_%e2%91%a2

 

暑さで夏バテ、頭皮も栄養不足に

暑くて冷えたビールでも飲まなきゃ、やってられない。食欲もないし、ジュースやアイス、とにかく冷たい物しか受け付けない。冷たい物の飲み過ぎは胃腸を弱らせ、食べても消化吸収が上手くできず、ついには夏バテに。夏場はこんな状況に陥ってしまいがちです。体が栄養不足になれば、頭皮だって当然栄養不足になります。栄養不足の頭皮では、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛の原因に。さらに、暑さで睡眠不足になってしまったら、夜寝ている時に多く分泌される成長ホルモンにも影響を及ぼします。こうした夏場の不摂生は、やがて秋の抜け毛へと進行していくのです。

%e5%86%ac%e6%af%9b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f_%e2%91%a3

冬毛になる!?夏のツケが秋の抜け毛を招く

犬や猫など、動物には毛換期といって毛が生えかわる季節があります。人間の場合は、夏毛から冬毛になるといった大きな変化はありませんが、毛母細胞の入れ替わりがあるようです。しかし、多くは紫外線、栄養不足、寝不足、汗や皮脂による頭皮の汚れといった夏場に頭皮が受けたダメージによるものです。原因がわかっていれば、対処の仕方もわかります。来年こそは「抜け毛の秋」にならないよう、先ずは帽子を利用するなど紫外線対策をしてみませんか。ただし、かえって逆効果になってしまいますので、頭皮の蒸れには注意です。都市伝説5『帽子を被り続けるとハゲになる』を参考にしてみてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+