AGA治療の基本、「プロペシア」って何?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

AGAという言葉が一般的に使われるようになったのは、爆笑問題の「お医者さんに相談しよう」のCMからではないでしょうか。

このCMは実はMSD(旧萬有製薬)という製薬会社のCMだったんです。ご存知でしたか?
そして、お医者さんに相談すると処方されるのがMSDの製品である「プロペシア」という訳です。
つまり、日本においてはAGAという言葉は、プロペシアの為に普及させた言葉だと言っても過言ではないでしょう。

プロペシアはどうやって薄毛に働くの?

AGA(男性型脱毛症)については「薄毛の種類を知ろう」の記事をご参照ください。
男性型脱毛症というからには男性ホルモンが脱毛に関係していますが、普段体内で使われている男性ホルモンが直接脱毛を引き起こすわけではありません。テストステロンという男性ホルモンが、ジヒドロテストステロン(DHT)に変質すると脱毛が引き起こると言われています。
そのため、「テストステロン → ジヒドロテストステロン」となる過程をストップできれば、脱毛を防ぐことができるのです。
この変性を引き起こすのが「5α-リダクターゼ(還元酵素)」です。つまり、5α-リダクターゼの働きを防ぐと、ジヒドロテストステロンの生成が抑えられ、男性型脱毛症を抑えるのです。
このように5α-リダクターゼを阻害し、脱毛症を引き起こすジヒドロテストステロンの産生を抑え、脱毛症を治療する薬がフィナステリド(商品名:プロペシア)なのです。

頭髪とAGAの仕組み

もともとは薄毛対策ではなかった。頻尿・尿もれの薬だった!?

AGAを引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)は、同時に前立腺肥大を引き起こを引き起こします。プロペシアも元々はアメリカで前立腺治療の薬として開発されたもののようです。前立腺が肥大すると、おしっこの勢いが悪くなったり、尿切れが悪くなったりします。中高年男子にとってはハゲに次ぐ大敵ですね。前立腺肥大を抑える薬として開発が進み、まず前立腺治療薬としてアメリカ食品薬品局(FDA)に認可を受けました。
ところが、その発売後に思わぬ副作用が発見されました。「毛が生える」という副作用でした。そこから、脱毛症に対する治験が行われ、脱毛症の治療薬としてアメリカ食品薬品局(FDA)で認可されたのでした。

医薬品だからこそ意外にコワイ、脱毛症治療薬「プロペシア」の注意点

なんと、このプロペシアはごくまれに副作用として勃起不全や性欲の減退、精子の減少を引き起こすことが知られています。ハゲを防いで女性にモテるために使ったのに、最も根本的なところで役立たずになってしまっては本も子もありません。
プロペシアの使用にあたっては必ずお医者さんに相談し、用法容量を守りましょう!!
また、プロペシアはホルモンのバランスを乱してしまう恐れがあるため、女性と子供には使用してはいけないそうです。触れるだけでも皮膚から吸収してしまうので注意が必要です。

育毛の切り札、プロペシアはどこで入手できるの?

(1)クリニック

一番無難なのはAGAクリニックです。
プロペシアは保険対象外なので、1か月分が約6000円~10000円程度かかります。AGAクリニックではプロペシア以外にも、ミノキシジルなどの処方もしてくれるし、その他の治療も相談にのってもらえます。一部の皮膚科でも処方可能です。

(2)個人輸入

どの薬をどのくらい飲むのかが明確であれば、個人輸入で入手することも可能です。インターネットで輸入手続きを代行してくれるサービスもあります。クリニックで処方してもらうよりも若干安く入手できます。ただし、上記サービスを利用する場合には「個人輸入代行」であることが重要です。輸入品を購入することは違法行為になりますので注意しましょう。そして、用法容量については、まずお医者さんに相談することをお勧めします。
正しく利用すれば、プロペシアのジェネリックなども安価に入手することが可能です。

↑ プロペシアのジェネリック「フィライド」 3割くらい安くなります。

正しく使って、安全な育毛を!!

プロペシアは薬なので、副作用もあり、取扱いには注意が必要です。必ずお医者さんに相談してから使用しましょう。また、医薬品に頼らず、生活習慣、正しい食事、健康食品から始めるのもお勧めです。
以前、育毛XYZで紹介したバナナエキスなどは、5α-リダクターゼに働く成分で安心して使用できます。「バナナと育毛」の記事も参考にしてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+