うそ!?そんな簡単に髪がモッサモサ生えるなんて。。。まさかの育毛効果がある2食材!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

さまざまな育毛剤、高額な脱毛治療に費やした時間とお金はいったい何だったのでしょうか。血のにじむような努力、毛が抜けるような苦労は、いったい何だったのでしょうか。
どのスーパーでも売っているごく身近な食材が、育毛に絶大な効果があるというのです。

3c7474633cf1796d952ef48827558b77_l

「IGF-1」成長因子の増加方法を発見。

名古屋で脱毛症専門クリニックを経営し、髪のことで悩まれる多く方の発毛と育毛のサポートをし続ける岡嶋研二博士。岡嶋先生のクリニックには、重度の脱毛症患者が全国から集まって来ると言います。岡嶋先生が血液学の研究を通じて発見した「IGF-1育毛理論」が注目を集めつつあります。

 

この「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)は、“体が備える天然の育毛剤”とも呼ばれており、『この物質の減少=薄毛につながる』ということが、研究によって分かっています。すなわち、育毛にはこの「IGF-1」を体内で増やすことが大事になってくるのです。
ところが、この「IGF-1」は、「育ちざかり」の時期に多く分泌され、20歳をピークに減少をはじめます。「IGF-1」を安全な方法で増加させるのは不可能というのが、今までの常識だと思われていたそうです。
岡嶋先生はこの「IGF-1」を増やす方法を発見しました。「IGF-1」は人間の体中にはりめぐらされた”知覚神経”(痛みや熱を感じる神経)を刺激することで増加することが分かったのです。

igf-1

髪の原料、タンパク質は豆腐で摂ろう

抜毛を減らしたり、髪を太く丈夫にするには、まず髪によい栄養素を取ること。髪にいい食べ物というと、何を思い浮かべますか?「わかめ、昆布」と思っている人も多いのでは。髪はタンパク質でできています。確かに海藻類に含まれるようなミネラル類は大切ですが、「わかめ、昆布を食べれば髪が生える」とは、残念ながら言えません。
肉、魚、卵、大豆など、タンパク源にもいろいろありますが、一番のオススメはイソフラボンが豊富に含まれている大豆や豆腐です。
実は、大豆のイソフラボンはIGF-1を細胞が生産する直接の指令を出す物質であるCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)を増やす効果があるのです。CGRPを増やす効果が判明している食品は、唯一大豆のイソフラボンだけなのです。大豆に含まれるレシチンも、「IGF-1」を増やす効果があるのです。まさに、大豆は最強の育毛食品と言えるでしょう。

トウガラシには髪にいい物質がタップリ

CGRPを増やしただけでは、IGF-1は増加しません。知覚神経を刺激してCGRPを放出する必要があるのです。CGRPの放出に絶大な効果を発揮するのがトウガラシに含まれるカプサイシンです。

トウガラシに含まれるカプサイシンには脂肪を燃焼させる効果、エネルギー代謝を促進する効果があります。冷え性やダイエットに良いことはご存知でしょう。カプサイシンを摂ると血液の循環が良くなるので、髪にも良いと言えます。
トウガラシのカプサイシンにはダブルの育毛効果があると言えるでしょう。

髪がトウガラシ豆腐でモッサモサ生えてくる

f33b8bd411452a877b5025510093581b_m岡嶋先生一押しのレシピが「トウガラシ豆腐」。
岡嶋先生の試験によれば、30代の全頭脱毛症の男性に、カプサイシンとイソフラボンを摂取してもらったところ、3週間目から頭の一部で産毛が生え始め、7か月後には『明らかな発毛』が見られ、なんと『31人中20人も実感できた』そうです。
31人中20人が効果を実感・・・これは、単純にスゴイ確率ですね。
岡嶋博士が行った試験の結果を見れば、つまり『トウガラシと豆腐を組み合わせた料理』を食べていれば、体の「IGF-1」の減少をストップし、増やすことにつながり、そして血流を促進、育毛の促進につながる可能性があるということですね。
オススメは、いつもの豆腐のお味噌汁に、一味唐辛子を小さじ一杯。「それだけで十分です」と、岡嶋先生は語ります。

材料(1食分)

豆腐1/4丁が入った味噌汁~1杯
一味唐辛子~小さじ1杯

これを1日2杯、朝晩1杯ずつ飲むだけで、1日の目安量であるイソフラボン75mg、カプサイシン6mgが摂取できます。IGF-1を増やす食事について詳しく知りたい方は、是非、岡嶋先生の著書をご一読ください!!

 

もっと手軽に髪をふやしたい!忙しいあなたにはこれ!

いかに手軽とはいえ、トウガラシ豆腐の味噌汁を毎日朝晩はタイヘン。というアナタには、サプリメント&育毛剤はいかがでしょうか。
岡嶋先生の監修で「IGF-1育毛理論」に基づいてつくられたローションとサプリメントが既に市販されているのです。
私も実は、毎日朝晩、トウガラシ豆腐はちょっとキツイと思っておりまして、このローションとサプリメントを密かに入手してみました!!

お、「大豆イソフラボン」「カプサイシン」の文字が書かれていますね!
こちらは毎日3粒飲めばいいみたいですよ。当然、イソフラボンもカプサイシンも、1日の必要量を十分摂ることができるんです。また、ローションの方に入っている「ラズベリーケトン」は、なんとカプサイシンの3倍の効果があるんです。(ラズベリーケトンについてはこちらの記事もどうぞ:「バイキング」でも話題になった『ラズベリーケトン』のサプリを実際に試してみた毛髪は一日にして生えず。育毛には毎日の根気強い継続が不可欠です。
だって、すぐに効果があったとしても、実際に生えてくるのは3ヶ月後なんですから。
簡単に続けられかどうかを考えると、サプリメントや育毛剤がいいですよね。

そして、いまだったら、QEPPERをセットで定期購入すると、なんと初回1000円で購入できるんです。
今から毛活を始める人にとっては、AGAクリニックは敷居が高いし、育毛シャンプーでは心もとないところです。
このチャンスにチャレンジしてみてはいかがでしょう!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+