まじか?ラクダで髪が生える?!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ラクダで髪が生える?
ラクダって、あの動物のラクダ?
どゆことですか?



驚愕?疑惑?ラクダに舐めてもらうと髪がモッサ生える

先週の日曜日、某テレビ局の健康番組をボーっと見てたら、エジプト人が出てきて、「ウチの国では薄毛になったらラクダに頭を舐めてもらうよ!」って、軽快な吹き替えでしゃべってました。

やらせっぽいなあ。

たぶん、全然別のインタビューを吹き替えてるよ。

地球の反対側のコロンビアでは、ラクダじゃなくて牛に舐めてもらうとか。ほんと?万国共通なの?

そして実際に牛に舐めさせる薄毛治療の風景。
先生が薄めの男性の頭に緑色のペーストを塗って、牛にそれを舐めさせるんです。
うわ~キモ。。。
あの勢いで舐めたら抜けるでしょ。
いやむしろ髪の毛食べちゃってるでしょ。
わがことのようにハラハラしながら見ちゃいました。

しかし、怪しすぎ。
実際にBefore Afterで明確に髪が増えてる画像も出てたけど、さすがにこんなんで生えるわけないでしょ。

本当に効果があった、唾液に含まれる育毛成分IGF-1

ところが!この、いかにも眉唾な都市伝説、よくよく調べてみると意外にも根拠がありそうなのです。
名古屋Kクリニックの院長で「IGF-1育毛理論」を提唱している岡嶋研二博士も唾液には育毛作用があると言っています。。
(「IGF-1育毛理論」についてはこちらの記事をご参照ください。>>「IGF-1(アイジーエフワン)」を増やすには

岡嶋先生の研究で、唾液にはシアル酸が含まれており、シアル酸は知覚神経を刺激してIGF-1を増やすことが分かりました。
また、唾液にはIGF-1そのものも含まれているそうなのです。

実際、唾液の分泌が減少し、ドライマウスになる「シェーグレン症候群」という病気の患者さんには薄毛が多いとのことです。
確かに、歳をとると唾液が少なくなるって言うから、唾液と薄毛と関係あるのかも。
さらに、マウスの唾液腺を取り除くと、毛並が悪くなるという実験結果もあるそうです。

唾液には育毛効果があるのです!
疑ってごめんなさい!!(土下座)

唾液を増やして育毛!

ちなみに岡嶋先生によると、唾液による育毛効果は塗ってもいいし、飲んでもいいとのことです。
え、やっぱりラクダ?
私は自分の唾液を飲む方向で対策します!!
塗る方は「ラズベリーケトン」がいいって、以前、これまた某テレビ局の情報番組でやってましたので、そちらにします。
(ラズベリーケトンについてはこちらの記事もご覧ください>>テレビでも話題に?!ダイエットに育毛に、ラズベリーの力

食事をよく噛んで食べると、唾液がたくさん出るので、唾液に含まれるIGF-1とシアル酸で育毛効果が期待できるとのこと。
また、唾液を多く出して胃の知覚神経が刺激されると、満腹感が得られやすくダイエット効果もあります。
おお!一石二鳥!
逆に早食いは、ハゲやすいし、太りやすいってことにでしょうか。気を付けましょう!

ゆっくり、よく噛んで食べるのが苦手という人はサプリメントで育毛!

既に早食いが習慣になってしまっている人にとって、今さらゆっくりよく噛んで食べるのは至難の業。忙しくて食事の時間をゆっくり取れないという人も多いでしょう。
そんな人には岡嶋先生が監修したサプリメントはいかがでしょう。

知覚神経への刺激によってIGF-1を増やすことにこだわった育毛サプリがあるんです。
シアル酸もたっぷり入っていますので、ラクダのお世話になる必要はありません!(笑)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+