AGA治療の基本、「ミノキシジル」って何?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

日本で唯一発毛効果が認められているのは大正製薬の「リアップ」だけ。CMでもやってますよね。他のものは全て「育毛」です。
この「リアップ」の成分が「ミノキシジル」です。なんか凄そうですね。ミノキシジル。
以前ご紹介した「プロペシア(フィステナリド)」と同様、この薬も他の目的で作られたものの、副作用として毛が生えてきてしまったものです。
(「発毛」という表現に慣れていないので、この記事では「育毛」に統一します)

 

「塗るミノキシジル」、「飲むミノキシジル」

「リアップ」はローションです。つまり「塗るミノキシジル」です。実は、ミノキシジルは塗っても、飲んでも育毛作用があるのです。ただし、育毛剤として認可されているのは「塗るミノキシジル」のみです。
ミノキシジルはもともと、アメリカのアップジョン社(現在のファイザー)により、血圧を下げる飲み薬として開発されました。ところが、副作用として体毛が濃くなるという報告がなされるようになったため、育毛剤としての開発が進んだのです。そして、育毛剤として発売されたのが「ロゲイン」です。「ロゲイン」は「塗るミノキシジル」です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはもともと血管を拡張させることによって血圧を下げる薬です。血管・血流に対する作用があるものですから、当然、それに伴う副作用もあります。
たとえば、日本で唯一ミノキシジルを使用している医薬品「リアップ」の副作用としては以下のものが記載されています。

皮膚    :  頭皮の発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系 :  頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器   :  胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系   :  原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
(参考サイト:http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/product/)

注意!!飲むミノキシジルは育毛剤ではありません!!

日本ではミノキシジルタブレット等の「飲むミノキシジル」を、育毛目的で処方する育毛クリニックもあります。また、並行輸入での購入も可能です。しかし、「飲むミノキシジル」は全て血圧降下薬です。育毛剤ではありません。あくまでも、副作用として毛が生えるとされているものです。
なんとなく、塗るよりも飲んだ方がイイ、飲むよりも注射した方がイイ、という感覚ってありませんか?
興味がある方は是非、ファイザーの処方情報ページを日本語訳してお読みなることをオススメします!
http://labeling.pfizer.com/ShowLabeling.aspx?id=2199
「WARNINGS(警告)」から始まるので衝撃的ですよ!

医薬品には副作用があります。コワイ人は、安全な育毛剤等からお試しください!

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+