塩分のとり過ぎは血圧だけでなく、育毛にも良くなかった

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

育毛をしたいなら、塩分は控えるべし?!

塩分のとり過ぎは体に良くない。

これは、ほとんどの方から「そんなこと知ってるよ!」と、いわれてしまうような、“常識”でしょう。

塩分のとり過ぎは、体に対してさまざまな不調を招いてしまいます。一般的にいわれているのが、血圧のこと。

血液中の塩分濃度が上がることで、塩分(ナトリウム)を排出するために血液内の大量の体液交換が行われます。そして、そのせいで血圧の高い状態が続くため、高血圧になってしまうといわれています。 また、それによって腎(じん)臓がフル回転して頑張ります。その影響もあり血圧が高い状態になるとも考えられています。

そうしたことによって、「高血圧症」や「腎臓疾患」を引き起こす可能性や、さらに心臓・・・不整脈や心疾患まで引き起こしてしまうことも考えられるそうで、塩分のとり過ぎは『万病のもと』といっても過言ではないかも知れません。

そして、体のことだけではなく、「塩分のとり過ぎは、育毛にも悪い影響を与える可能性がある」。そう語るのは、「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論を展開する岡嶋研二博士。

「IGF-1」と「サブスタンスP」・・・どちらも塩分大敵

DB88_junkume-15135545-thumb-autox1000-15840※塩分とり過ぎもよくありませんがカロリーとり過ぎも、もちろんダメです

なぜ、塩分のとり過ぎが育毛に良くないのでは・・・というと、それには「サブスタンスP」という物質が関係してくるそうです。

「サブスタンスP」は、「IGF-1」とともに知覚神経を刺激することで、出される物質といわれています。そして、塩分の刺激・・・たとえば、日焼けなどで肌がヒリヒリしている状態で、海に入ったら、肌は刺激を受けまくりですよね。そんな刺激で、「サブスタンスP」が優先的に出され、その影響を受けて「IGF-1」が少なくなってしまう可能性を、岡嶋博士は指摘しています。

しかし、「サブスタンスP」が悪者なのかというと、これがまったくそうではないらしいのです。

「IGF-1」と同じく体に必要な「サブスタンスP」

YOTAKA85_OKdemashita15123949-thumb-1000xauto-15823

一般社団法人「日本訪問歯科協会」によれば、『サブスタンスP』のはたらきとして、正常に食べ物を飲み込んだり、咳をしたりできるように、神経に指示を与える物質だといいます。

この物質が少なくなると、食べ物が飲み込みづらくなったり、咳が出にくくなるとか。また、この物質の低下はパーキンソン病やアルツハイマー型の認知症など脳の病気に関わっている可能性も指摘されているそうです。

ちなみに、トウガラシなどに含まれるカプサイシンは、サブスタンPの分泌を活発にする効果があるそうです。

トウガラシを使ったピリ辛な料理を食べると良いそうで、「IGF-1」を増やすにもカプサイシンはとても有効だと岡嶋博士はいいますので、トウガラシ(カプサイシン)をとれば塩分を抑えられ、「サブスタンスP」に「IGF-1」を増やすことも期待できるので、一石二鳥どころかこれはもう『一石三鳥』?ですね!

a0002_008599_m※画像はイメージ

【くれぐれもご注意を!】
塩分のとり過ぎは体に良くありませんが逆に『あまりにも摂らない』というのも、体に良くありません!

特に体の水分が不足しがちな夏場や、普段肉体労働や、スポーツなど汗をよくかかれる方は、水分だけでなく、塩分も適度に補給しましょう。

体の塩分(ナトリウム)が不足すると、めまいやふらつきを起こしたり、脱力感や、脱水症状や筋肉異常などを引き起こす可能性もあるそうです。また、場合によっては命に関わる恐れもありますので十分気をつけ、何かあったらまずはお医者さんに相談しましょう!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+